2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯文様

                   
                (「わ」と書かれた板=沸いた(営業中) 「ぬ」と書かれた板=湯を抜いた(閉店))

年々、減少している銭湯。

銭湯に行くと必ず見た
黄色い「ケロリン」桶。

何の違和感も無く、
「当たり前」
のように置いてあった。
しかも、かなり頑丈で、椅子のように
座っている人も居た。

誕生したのは、1963年。
木桶からプラスティックに変わる頃
広告会社、睦和商事の社長が考えついたものだ。

ケロリンの販売元 内外薬品が、賛同して
全国行脚して桶を販売した。

半額を内外製薬が広告費として負担する。
というやり方だった。

木桶からの変換期だった事と頑丈な造りが、大きかった。

逆に、銭湯の減少で、続けるのが困難になってきた近年、
映画「テルマエ・ロマエ」のヒットで、
この桶が再浮上。

ネット等での販売が、後押しして、
現在も続いている。



関連記事

コメント

Re: タイトルなし サマンサどら猫様

コメントありがとうございます。

銭湯って出来た当時は、現代のテーマパークだったようです。
子供からお年寄りまで楽しめる場所。
なので、外観も、内装も派手になっていたようです。。

銭湯?懐かしい響きですねえ。でも今は、近所にはありません。でっかいスーパー銭湯とやらはありますが、行ってません。むしろ遠方の日帰り温泉に出かけます。これも時の流れ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kousaten1.blog.fc2.com/tb.php/471-7b94a8d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

交差点☆

Author:交差点☆
はてな?な毎日ブログへようこそ!

日常の不思議な事を書いているブログです。
しかし・・・
かなり長く休んでいました。

2014年8月から再度開始。

過去、やっていた、染色の図案の
練習イラストなんかもたまに更新していく予定です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

時計 house

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

カテゴリ

QRコード

 

QR

 

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。