2015-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土産

              

旅行に行った際の土産。
それを買うのが楽しみな人と、憂鬱な人に別れると思う。
又、貰う場合も同じ。
貰っても嬉しくない物も多い。

この風習どうにかしてほしい。。
旅先で思った事もある。

元々は、土産は「宮笥(みやけ)」・・・神社でもらう「御札」をはる板のこと。
から来ているらしい。

伊勢神宮へ参拝しに行く事が特別な時代、
村の代表が、村人から餞別を貰い、皆の代表として
伊勢神宮へ御参りする。
帰宅して、宮笥を村人に配った。
それが、伊勢神社の周辺の地元の産品等も購入にして
持ち帰るようになったことから「土産」という字に変化した。

だから、現代の旅行は、村の代表では無いのだから
土産を買う必要も無い。

理論的には・・・

過去、働いていた会社の上司が、年に1回
海外旅行に行っていた。
お土産は、会社の近くのケーキやドーナッツ。
かなり大量に購入し、土産替わりにしていた。

その上司曰く
「美味しくもない、土産を持ち帰るのも荷物になるし
大体、考えるのが面倒だ」

確かに・・・・

スポンサーサイト

スターウォーズ・・・ジェダイ

                


スターウォーズの中心となるジェダイ

銀河系の自由と正義の守護者を指す。

世界中で長く愛され続けている作品だが、
監督のジョージ・ルーカスが、親日家のせいか、
日本に関わる事を取り入れたりしている。

ジェダイもその1つで、
「時代劇」(じだいげき)からジェダイというネーミングに
なったそうだ。

ありがとうハザード

                  

車の合流、車線変更時に、車の間に入れて貰った
時にお礼の合図として後ろの車に解るように、
ハザードランプを点滅させる。
これを、「ありがとうハザード」と呼ぶ。

規則上は、×。
当然、教習所で教えたりはしない。。
しかし、マナーとして定着している。

これは、元々は、ドイツのトラック仲間の間で行っていた
コミュニュケーションだった。
それを、昭和54年、日本の運送業界誌が、紹介したのが
始まりと言われている。

日本では、一般車にまで、浸透したのに
ドイツでは、トラック仲間だけに留まっている。




おかめそば

                   


江戸時代幕末の頃、
江戸・下谷七軒町にあった
そば店「太田庵」が考案した「おかめそば」

おかめ(お多福)の顔に似せて具をのせた。
という説と
「岡目八目(おかめはちもく)」という囲碁、将棋の言葉
から、第三者は冷静な立場で八目先まで読める。
とい事から五目よりも多い具。という説がある。

「具が多いそば」
という事らしい・・・

魚の向き

                  

魚を食べる時、頭は、確実に左側だ。
置き方が違っていたとしても、自分で修正する。

日本では、昔から左上位の考え方があり、
それに習って・・・かどうかは、定かではない。
食べやすいからか?

和食の盛りつけでは、「川背海腹」があり
食べる人から見て、
川魚は、背を向け、海の魚は腹を向け盛り付ける。

頭は、どちらも左に置く。

日本の長い歴史の習慣からか?
「魚の絵を書いて」
と言われると日本人の90%が、
頭が左の魚の絵を描くそうだ。


にわとり

                   

ニワトリは、鳥目なので、夜は静かだ。
朝早く、鳴くのは、
光を感じ、安心して鳴くのだそうだ。
毎日、毎日夜が不安なのかな・・・

英語で、チキンハート=臆病者の事を
言うが、
・腰が無い=腰抜け
・いつも周りをキョロキョロ見廻している。
・恐怖を感じた時に鳥肌がたつ
色々な説がある。
なんか?常に落ち着きがない動作しているのが
大きいのかもしれない。
飛べない鳥。という最大の弱点があるし・・・

祖父が大量に飼っていたにわとり。
夏の夜。雷の音で、すざまじく騒いでいたのを思い出す・・

線香花火(せんこうはなび)

                  

地味なのに、心に残る花火。
夏の思い出と共に心に刻まれる。

この線香花火、花火の変化によって4段階の名前が付いていた。

「牡丹」・・・・・   先に「玉」ができる。
「松葉」・・・・玉が激しく火花を発する。
「柳」・・・・・・火花が低調になる。
「散り菊」・・・・・消える直前。

この変化の時間が短かったり、長かったり、松葉が見れなかったり
・・・・

奈須比(なすび)

                  

奈良時代から、茄子は、日本に入ってきていたが、庶民が
口にすることが出来るようになったのは、江戸時代から・・・

体を冷やす。と言われる野菜だが、食べれば「熱中症対策」
として効果的なのだろうか?

もうすぐお盆だ。
故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、
「精霊馬」(しょうりょううま)というものがある。
きゅうり、と茄子で作る馬、牛の事だ。
祖母が、やっていたから覚えているものの、
最近、聞いた事も見たことも無い。
(作れば良いだけの事なのだが)
茄子の牛は、帰宅の際にお供え物を持ち帰れるように、牛なのだそうだ。
お土産の事まで考えている風習って、日本的?

かき氷

                 

かき氷は、「枕の草子」にも登場する程、歴史があり、氷を削り甘葛煎(あまずら)を
かけたものが、始まりとされている。

冷蔵庫の無い時代に、氷が食べられたのは、限られた人たちだったわけで、
明治時代まで、一般庶民が、夏に氷は無理だった。

現代、高級かき氷が、人気となり、綿菓子のような、じゃりじゃりしていない
氷が、話題となっている。

子供時代に、祖母のうどん屋で、かき氷も販売していた。
夏休み、毎日大量に食べていた。
色々な色の蜜をかけて・・・

大人になってから、かき氷を注文する事は無い。
そんな気持ちになれない。
周りがみんな かき氷を注文していたとしても、1人で
クリームソーダを注文する。

祖母のうどん屋に無かったメニューだから。

暑い

                 

暑すぎる・・・・・・・・・

«  | ホーム |  »

プロフィール

交差点☆

Author:交差点☆
はてな?な毎日ブログへようこそ!

日常の不思議な事を書いているブログです。
しかし・・・
かなり長く休んでいました。

2014年8月から再度開始。

過去、やっていた、染色の図案の
練習イラストなんかもたまに更新していく予定です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

時計 house

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

カテゴリ

QRコード

 

QR

 

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。