2014-12

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越し蕎麦

                  


1年の最後の日のそばでしめる。
江戸時代、商家では、月の末日に蕎麦を食べる
三十日そば(みそかそば)が大晦日だけになった。

本日、食べる蕎麦は、残してはいけない。
来年の金運にひびく。

「蕎麦を残すと新年は金運に恵まれず小遣い銭にも事欠くことになる」

そうだ。
スポンサーサイト

よろしく文様

               

よ・・夜
ろ・・呂
し・・矢(漢音)
く・・亀(漢音)

何度も頭の中で「夜露死苦=よろしく」が浮かんだ。
「愛羅武勇=あいらぶゆう」
の創作熟語は、なかなか良い。
ある意味、業界用語と言うべきか・・・

※漢音(かんおん)とは、日本漢字音(音読み)の一つ。
※夜露死苦、愛羅武勇は、ヤンキー用語

天狗

                 天狗

悪人なのか?善人なのか?
神なのか?居酒屋なのか?
場所によって、変わってしまう。

元々、天狗は、凶事を知らせる流星の化身。
その後、妖怪に変化した。

「天狗になる」
は、図に乗っていい気になってるという意味。

妖怪の天狗は、不思議な存在だが、
身近な天狗は、結構ムカツク。

南天(なんてん)

             kabuto1.png

南天は、「難を転じて福となす」植物という事から
武士は、出陣の時に床にさして武運を願った。
又、鎧びつ(鎧を収める箱)に南天の葉を収めた。
(防腐剤の効果がある)

過去、祖母の家でお雛様を出してた時に
箱の底に枯れた南天の葉があった。
今まで、間違って入ってしまったんだろう・・・
と思っていたが、今日、その意味が解った。
難を転じる事と防腐剤の効果で入れてたんだ・・・

お赤飯にも同じ意味で南天の葉がのっている。
(印刷が多いが)

中国では、悪夢を見たら南天の葉を枕の下に入れると
悪夢を見ない。
と言われている。

初夢を見るときには、良いかもしれない。


竹トンボ

                

竹トンボは、奈良時代からあったそうだ。
(奈良時代の長屋王邸跡から発掘された)

誰が考えたんだか?
ロングセラー商品となっている。

ドラえもんの力も大きい。
ドラえもんの出現が無ければ、消えていたかもしれない。

例えば・・
正確にどこかの枠に入れて得点を競う。
というようなゲームを作り出せば、又流行るかな?

軍配団扇(ぐんぱいうちわ)

                  gunnpai1.png

軍配団扇(ぐんぱいうちわ)
今では、相撲の行司が持っている物という「変わった形の扇」
認識しか無かった。
戦国時代では、主将が、呪術的な意味をもつ持ちものとして
使用した。

表面(扇面)に昼と太陽と陽を象徴する「日の丸」を金か朱で描き、
裏面には夜と陰を象徴する星辰文もしくは三日月文

合戦を行うのが昼間であれば表面、
夜間や悪天下であれば裏面と、
向きを変える事で運気を呼び込んだ。

軍によって模様も様々。

天を味方につける。
運を呼ぶ。
何かの団体のTOPは、必要かもしれない。

クリスマス

                xmasu.png

12月入ると、日本だけど、
欧米化?風に街の雰囲気が変わり、
25日が終わると、いきなり、日本の色が
強くなる。

クリスマスイブ

                 xmasu1

カナダでは、サンタクロース専用の郵便番号
がある。
「H0H0H0」 
(サンタクロースの笑い声ホゥホゥホゥ)

ここにサンタ宛の手紙を送ると返信がくるそうだ。
世界の言語に対応しているらしい。

郵便局員が書いているそうだ。
詳しくはここ

有料では無い(切手代のみ)

大変すぎるーーー。
世界中に、広告されるとしたら、安いのかも・・・

日本の郵便局も何か?やってほしい。

羊草(ひつじぐさ)

                      hituzigusa.png

来年の干支で、検索して知った「羊草

羊の刻(午後2時頃)に咲くから、そう呼ばれている。
(実際は朝から夕方まで花を咲かせる)
意味が解らない・・・
見た目は睡蓮の小型版(スイレン科)

日本に古くから咲いていたのは、羊草のほうで、
一般的な睡蓮は、明治時代に輸入されたそうだ。

江戸時代以前は、この花が睡蓮なのかな?・・・

続きを読む»

金平糖(こんぺいとう)

                        konpeitou.png

1546年、ポルトガルから、カステラとともに金平糖が
やってきた。

貴重品だから高級武士や公家しか食べる事が出来なかった。
伝統的な、作り方で作ると、1~2週間かかる。
そして、湿気に気をつけると20年30年経っても品質が変わらない。

こんなに長い品質保証品って他にあるのだろうか?

正直、スーパーには、必ず置いてある商品だけど、
10年以上食べた事がないような気がする。

織田信長も同じものを食べたかと思うと、
時代を超えて残っている不思議な食べ物のような感じがする。

«  | ホーム |  »

プロフィール

交差点☆

Author:交差点☆
はてな?な毎日ブログへようこそ!

日常の不思議な事を書いているブログです。
しかし・・・
かなり長く休んでいました。

2014年8月から再度開始。

過去、やっていた、染色の図案の
練習イラストなんかもたまに更新していく予定です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

時計 house

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

カテゴリ

QRコード

 

QR

 

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。