2014-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯篭流し

               tourounagashi.png


「灯篭流し」と「精霊流し」は同じだと思っていた。
(どちらもやったことが無い)
死者の魂を弔うという意味では同じだけれど、
さだまさしが歌う「精霊流し」は
長崎、佐賀の地域限定イベントで、
精霊船と言われる船を陸上で引いていくものだった。
その後、船を燃やして海に流す。

灯篭流しは、火をつけた灯篭をそのまま
川や海にながす行事だ。
流された灯篭処理の環境問題にもなっている。
タイでは、処理の事を考えて、
パンで作られた物を流したりしているそうだ。
水分がすぐ吸収されてしまうんではないか??
と思うけど、ある程度流れてくれるのであれば、
魚の餌にもなるし、良いアイデアだ。

じゃあ、流し雛は、何で流すのか?
人の厄払いの為だそうで、
平安時代の光源氏も行っていたそうだ。
相当な女性の怨念がありそうなお雛サマだ。

色々な事を水に流すのは、水が多い国だから出来る。
こういう行事は、豊かな自然があるから続いていると
改めて思う。

スポンサーサイト

ラジオ体操第三

かなり前ラジオ体操第三があることを書いた。
音楽だけだったが、再現されたようだ。
「幻のラジオ体操第三」
かなりリズミカルで、体操よりダンスに近い。
こういう体操は、幼稚園、小学校が取り入れると、
10年後は、逆に当たり前体操になるんだろうな。。
とふと思う。


                クチナシ

ラジオ体操

下手な絵
              ラジオ体操

ごみ捨てに行った時に、老人の方たちの団体に会った。
30人近い。
朝早くから、何の集会なのか?
早朝ウォーキングなのかなー。と
しかし、度々会うので、不思議だった。

暫くして、私もジョギングでもしようかと走る事にした。
(100メートルで息が切れたが)
近所を廻っていた時に老人の集団の理由が判明。
ラジオ体操だった。
公園には、50人以上いる。

夏休みの子供たちは、ポイント期間中の1週間ほどしか
来ない様子
しかも札をかけた子供が少ない。

あの子供が下げているポイントカード。
あれを、70歳以上の人にあげてほしい。
ただ、ポイント100以上で銅賞、200で銀
300で金なんかにして、クリアーレベルをあげ、賞品も結構良いものに
してほしい。
ラジオ体操が必要なのは、子供ではなく老人なんだ。
朝6時半の光景に納得させられた。
        

いきなり秋?

              夏と秋

雨を境にいきなり真夏から秋に変わった。
徐々にではなく、急速冷凍のように10度以上気温が下がり
昨日とは、なんか違いすぎる朝を迎えた時
現実だけれど夢の中のような気がした。

蝉の鳴き声が止み、秋の虫の声も聞こえる。
蝉は、これで終わりなのか?
少し不思議で調べたら、驚きというか感激した事があった。

蝉は、気温でも反応するが、主に明るさの影響で
鳴いたりする。
曇や暗い日は鳴かないらしい。
気温は20度超えれば大丈夫のようだ。
鳴いているのはオスのセミ。
メスを誘うために必死で鳴く。
なんせ、時間が無い。
そんな限られた時間の中
クマゼミは、朝の6時から11時まで
アブラゼミは正午から日没まで
ヒグラシは日の出前と日没前後
と鳴く時間が決まっている。
どうやって時間割を決めたのか
合図は何なのか?
蝉の世界の組合の世界は解らないが、
この蝉の鳴き声リレー。
箱根駅伝を思い出してしまった。
伝統を受け継ぎ、この日の為に何年もがんばり
次に襷を繋ぐ。

ウルサイだけと思っていた蝉だが、時間割を知ると
興味深い。


猫の通り道

                   neko.png



子供の頃から猫が苦手だ。

家の庭の隅に、ほぼ毎日、朝来て夕方
帰って行く。
というサラリーマンのような野良猫が来る。
太っているので、どこかで餌を貰える家があるようだ。
しかし、可愛くない。
むしろ、怖い。
目があった時に背筋がぞっとした。
猫にも人相のように猫にも好かれやすい顔があると思う。

追っ払っても確実に戻ってくるので、諦めている。
猫が来るのは、家が繁栄するから寄って来る。
猫が考えたような言い伝えがあるらしいが、
その言い伝えを無理やり納得させている。
なんか?猫って常に上から目線の気がしてならない。

        

さるすべり


               猿滑
猿滑。別名「百日紅(ひゃくにちこう)
7月8月が満開の花。
百日も咲いている事から百日紅との名前。

正直、かなり艶やかに咲いていたが、猿滑の花だとは知らなかった。
夏の花は、四季の中でも印象が薄い。
朝顔、ひまわり程度だ。
なぜなら、暑いから・・・
花をゆっくり見よう。
そんな気分になれない。

桜にも対抗出来るような咲きっぷりだけど、
猿滑の花をすぐ頭に浮かべられる人が、どのくらいいるのだろうか?

中国の方が認知度が高いようで、市の花に指定されている地域も
多い。
日本では、岡山市

猿滑並木の長ーーいのがあれば、
100日も楽しめるなんてすごい。
地方の交通量の少ない有料道路は、猿滑を植えたらどうかと思う。

千日紅という花もある
         千日紅
         千日紅

高校野球

       
          koukou.png

高校野球が終わりました。


だるま

              daruma2.png


日本人は、ちょっとした物に人の願いというか、希望をこめて表現するのが上手い。
例えば、おせち料理の中身を新年の門出を祝い、
縁起物の食べ物としてまとめたりする。
私が過去ならっていた紅型染色の図案も、小さな図案に
色々な意味があったり・・・
ダジャレのような物が多いけど。

正直、だるまの顔の中にもそういう表現が入っているとは
知らなかった。
(達磨大師がモデルという事は理解していたが・・・)

高崎のだるまは、ヒゲと眉毛は鶴と亀を表現している。
白河ダルマはそれにプラス、耳ヒゲが、松と梅。
あごヒゲは、竹を表しているそうだ。

おもいっきり縁起物を詰め込んでいたせいで、
ダルマの顔がやたら毛深い。
これを、深いと読むのか濃いと見るのか?




電話

             


              tel2.png

夏休み 少年2

                  海
           



                   飛ぶ

«  | ホーム |  »

プロフィール

交差点☆

Author:交差点☆
はてな?な毎日ブログへようこそ!

日常の不思議な事を書いているブログです。
しかし・・・
かなり長く休んでいました。

2014年8月から再度開始。

過去、やっていた、染色の図案の
練習イラストなんかもたまに更新していく予定です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

時計 house

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

カテゴリ

QRコード

 

QR

 

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。